HOME ›› リドカインや早漏防止薬の入手先

リドカインや早漏防止薬の入手先

リドカインや早漏防止薬の入手先

早漏を防止する方法としてリドカイン(局部麻酔薬)を利用する方法や早漏防止薬を服用する方法がありますが、これらの防止薬を入手する方法って皆さんご存知ですか?とても簡単に入手することができるので、早漏で悩んでいる方はすぐに入手して試してみるとよいでしょう。

知られているようで意外と知られていませんが、実は早漏の防止薬は病院(クリニック)でも処方されますし、医薬品のサイト(ネット)からでも簡単に入手できます。しかも海外の医薬品サイトからの個人輸入であれば処方せんの必要もなく入手することが可能です。

病院で入手する場合、個人輸入によって入手する場合、それぞれメリットもデメリットもありますので、それを踏まえた上で入手先を決めることが最善と言えます。

病院で入手する方法

病院で入手する方法

まず病院で入手する場合の方法ですが、最初に待ち構える大きな問題として「早漏の治療は何科に行けばいいのか分からない。」という問題が出てきます。結論から言うと身体的なものが原因となる場合には泌尿器科、精神的な原因の場合には精神科・心療内科が最も最適です。

早漏となる原因は身体的な要因から心因的な要因まで様々なので自身の症状を把握してから病院に行かないと各科をたらい回しにされる可能性があり、各科で早漏であることをカミングアウトすることになるので精神的にもツライ思いをすることになります。

また、病院から早漏防止薬を処方してもらう場合、日本では認可されていない未承認薬が多いため個人輸入に比べ、薬代が割高になってしまうデメリットもあります。

個人輸入で入手する方法

個人輸入で入手する方法

そういった点を加味して考えると、病院で処方を受けるよりも個人輸入によって誰にも知られることなく入手した方が精神的にも金額的にもメリットがあります。また、リドカインの入手方法も同様に、国内の病院では処方箋が切れない場合が多いです。

処方箋が切れない=保健適応外ですので、病院から入手する場合には高額にもなりますし、使用するのも自己責任という問題がついて回ります。つまるところ、リドカインは国内で入手するメリットがほぼ皆無と言えます。

これからのことから総体的に見ても、海外医薬品サイトからの個人輸入の方が私たちにとって多くのメリットがあると言えます。