HOME ›› 海外のセックス回数とセックスにかける時間

海外のセックス回数とセックスにかける時間

海外のセックス回数とセックスにかける時間

皆さんは年間を通して何回SEXをしますか?また、SEXにかける時間の平均はどのくらいですか?

数年前、某大手避妊具メーカーが世界26ヵ国を対象に、「世界の平均SEXの回数と時間」の調査を実施しました。その調査結果によれば、日本の年間の平均SEX回数は48回、時間にして20分で、26ヵ国中最も最下位であることが判明したのです。

前戯の短い日本人

前戯の短い日本人

SEXにかける時間は挿入してから射精までの時間を定義としており、世界1位のギリシャと比較すると回数は164回、時間は22分と時間はさほど変わりませんが、回数で比較するとおよそ3.5倍もの開きがあります。

なお、「挿入から射精までの時間」という定義をもっと曖昧にしてムード作りから前戯を含めての平均時間で比較すると、日本人の平均時間は30分程度に対し、イギリス・アメリカ・ドイツなどでは1時間という数字が出ており、時間・回数から見ても日本人はSEXに対して淡白であると言えます。

回数もさることながら、挿入から射精までの時間は世界平均であるにも関わらず、ムード作りから前戯までの時間を含めて比較すると大幅な開きがあることから世界に比べて前戯の時間が圧倒的に短いということが分かります。

SEXの満足度は前戯の長さと関係がある

SEXの満足度は前戯の長さと関係がある

SEXに対する満足度の調査でも、前戯に時間をかけている国は満足度が高いという統計が取れており、相手を満足させる上で、前戯にかける時間は最も重要であると言えます。

挿入時に女性が絶頂に至るかどうかはどれくらい前戯に時間をかけたかによって決まるといっても過言ではなく、料理で言えば挿入よりも前戯がメインディッシュであると言える程、前戯に重きを置いている女性も少なくないと言えます。

SEXの満足度の低さは時に不仲の原因になりうる重要な問題です。彼女と円満な生活を望むのなら、できるだけ前戯に時間をかけて彼女の満足度を高めてあげることが重要です。