HOME ›› 身体性早漏と改善策

身体性早漏と改善策

身体性早漏と改善策

身体性早漏は症状や要因によって「過敏性早漏」「包茎性早漏」「衰弱性早漏」3つに分けられます。早漏の種類毎に改善方法が変わってきますので、まずは自分がどの早漏にあたるのかを知る必要があります。

過敏性早漏と包茎性早漏の仕組みと症状

過敏性早漏と包茎性早漏の仕組みと症状

過敏性早漏と包茎性早漏は症状や要因が類似していることから、同一として見られることが多く、早漏の要因の中でも最も多い原因と言われています。

いずれもペニスの感触神経が過敏に反応してしまい、ペニスや陰茎へのほんの少しの刺激でも射精に至ってしまう症状で、女性の膣の締め付けに弱く、性行為(挿入時)の摩擦によって亀頭が強い刺激を受ける事で射精までの時間をコントロールできなくなり、意図せぬ形で射精に至ってしまいます。

過敏性早漏と包茎性早漏の改善策

過敏性早漏と包茎性早漏の改善策

いずれも神経が過敏に反応しすぎてしまうことが原因なので、手術をするか、サプリや医薬品を服用する方法のいずれかで殆どを解決できます。

過敏性早漏の物理的解決

物理的な方法であれば亀頭部分や陰茎に集中している神経(陰茎背神経)を手術によって一部遮断してしまう事で過敏な反応が減り意図せぬ射精を防ぐことが出来ます。

包茎性早漏の物理的解決

包茎手術を受けることです。包茎手術を施術することによって通常時から亀頭が露出された状態になるため自然と外からの刺激にも慣れ、過敏な反応が鈍化します。これにより包茎性早漏はほぼ改善され、衛生的な面においてもペニスを清潔な状態に保つことが出来ます。

手術に抵抗がある場合の解決策

手術には抵抗がある場合には、陰茎背神経に作用して神経を鈍化させるサプリや医薬品が多く販売されているのでそれを服用することで一時的な改善が見込めます。これは根本的な解決にはなりませんが、性行為の都度服用しばければならない面倒さを考えなければ手っ取り早く改善できる一番おすすめの方法です。

衰弱性早漏

衰弱性早漏

衰弱性早漏とは加齢により射精管閉鎖筋と呼ばれる筋肉の筋力が低下することによって起こる症状で、主に40代以上の男性に多い症状です。

衰弱性早漏の改善策

衰弱性早漏の改善策

衰弱性早漏を改善するためには射精管閉鎖筋を鍛えることが根本的な改善に繋がりますが、具体的な鍛錬方法はなくED薬や一時的に筋力を増加させるサプリを服用することが最も手っ取り早い方法です。

また、ED治療と早漏の防止をまとめてできるスーパーカマグラといった便利な医薬品があるのでそれを服用することで一時的な改善を図ることが可能です。